*

ニキビがひどくなった時には石鹸を

ニキビがひどくなった時には、石鹸を用いてピーリングを行うようにしています。ピーリングの時には、肌がわずかにヒリヒリとしました。それで、ちょっぴり怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリとした感じはきれいに消えて、ニキビがすごくキレイに治りました。それからは、ニキビができるとピーリングを行っています。悪化したニキビとなると、固く新を持ったような状態で、触れると痛いといった症状が表れます。ニキビが出来ると、ついその箇所を確かめようと触りたくなってしまいますが、触ってしまうと殺菌がまた入ってしまい長引いてしまう可能性があるので、ニキビケアのクリームなどでケアしながら、清潔に保つようにするのが良いようです。ニキビというのは、10代の若い子たちや学生たちが使う言葉で、20歳以上の大人はニキビとは言わないななんてよく聞きます。先日、数年ぶりに鼻の頭に大きな吹き出物ができてしまったので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、からかわれました。ニキビがおでこにたくさん出た時に、人に会いたくなくなる程の状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。医師から、薬を処方するので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、弱い薬ではないので、様子が良さそうでしたら塗る頻度を僅かにしないと駄目なそうです。近頃、重曹がニキビケアに有効だと注目されています。重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する力があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、毛穴汚れや角質のお手入れができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。ただし、研磨効果のある重曹を入れた洗顔料を使うと肌を傷つける可能性もあるため、試す時には、注意を払って行いましょう。ニキビを搾ると、そこから膿が出ます。もっと潰すと今度は芯が出ます。それがニキビの原因となるものなのですが、潰して芯を無理に取り除くのは決してオススメはできません。無理矢理に潰すことになるのですから、さらに炎症は広がります。ニキビの跡が残ることもあるので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。ニキビに使用する薬は、様々あります。当然ながら、専用のニキビ薬の方が効き目は高いです。しかし、軽い程度のニキビであるならば、オロナインを使っても大丈夫です。ちゃんと、効能・効果の所に吹出物ややけど、ひび等と並んで、書かれています。ニキビは誰もが素早くキレイに治したいものです。ニキビは早く改善するためにも、ニキビは触らないようにすることが大事です。雑菌だらけの汚れた手で触ってしまうと、ニキビを悪化させてしまいますし、触りすぎてしまいますと肌が傷つくことになります。この時期、ニキビ予防において気を付けないといけないのは、雑菌の温床にならない環境を作り出すことです。ファンデーションのパフに汚れが付きっぱなし、枕カバーを長年洗っていない、手で直接肌に触るといったことは、お顔に菌を塗っているようなものです。普段から清潔を保てるように気をつけて生活しましょう。10代の時、チョコやスナック菓子をたくさん食べるとすぐにニキビが出ていました。食生活がこれほど影響するんだ、と思ったものです。それ以降、年齢をかさねるとともに、食生活にも注意するようになり、あまり食べないようにしています。その効能かニキビもすっかり発生しなくなりました。キレイモ 福岡


コメントする